自称山崎賢人似26歳日記

自称山崎賢人似の26歳の日記です。彼女はいます。

冷蔵庫に放置したまま腐るカット野菜といつか受けた君からの相談事について

思うに、 自分がまだ若いと実感することは、 自分が十分に若いとは言えなくなってからだし、 自分がまだ満たされていない、と思う時には 本当は満たされている。 つまり、 取り返しのつかない反感と言うのは、 やはりいつも取り返しのつかないほどその自体が…

2018年6月4日〜2018年6月10日について

今週の予定 6月4日 就活 面談(旅系) 6月5日 ない 6月6日 ない 6月7日 就活 面談(web系) 6月8日 就活 面談 (web系)最終面談 6月9日 ない もしかしたら寺で座禅組む 6月10日 ない ないときは、基本アプリ作る予定。 就活の面談については、顔合わせが2社…

転職日記① 5/31

ここ2ヶ月ほど、 エンジニア転職するべく、いろいろ動いている。 wantedly使って会社訪問したり、レバテック登録して面接行ったり、実績づくりのためにアプリ作ったり(これはもっと早くやっておくべきだった...)。 そこで感じた気づきのログ。 完全私用で…

14歳の哲学をちょっと読んだ。難しかった。

最近、「14歳の哲学」という本を読んだ。 副題として「14歳までに考えておきたいこと」とついている。 しかし、本の内容は決して簡単ではないし、なんなら、価値観が凝り固まった大人にとっては、読んでてつらい。 正しいと思っていたことが、そうでない。 …

「戦場写真記者の行方」という名のトドメの接吻

「戦場写真記者の行方」藤谷雅彦著 精神科医として働く”中井”。年は50近く。 平日は都心にある総合病院にて精神科医として勤務。 毎週土曜日は、医学部生時代の恩師”伊藤”の助言に従い、恩師が開業した「伊藤医院」で内科医として勤務している。 恩師伊藤か…

「祖父の記憶」という名のトドメの接吻

お題「もう一度行きたい場所」 実際に体験したことか、記憶違いか、定かではないが、 印象深い情景がある。 それは、海だ。 場所に関する記憶それしかない。 その情景の登場人物は ・ぼく ・祖父 ・女性 の三人だ。 女性に関しては、それが祖母だったのか、…

「チーズダッカルビ」という名のトドメの接吻

チーズダッカルビ。 生まれて初めて食べました。大久保で。 感想は別になんてことない。 韓国料理特有の大味な感じで、甘辛くて、チーズモリモリで半端なく胃もたれしてる。 美味しかったけど。 ビール2杯はギブ。 友達と二人で行って、一人2000千円。 コス…

「ぼくの音楽のシュミ」いう名のトドメの接吻

音楽 〜邦楽編〜 ①くるり「街」 くるり 街(ROCK IN JAPAN FESTIVAL) コード感が好き。 「夕暮れのスーパーマーケットの前で…」 らへんの流れが好き。 この街はぼくのもの!!!!! ②馬の骨「燃え殻」 燃え殻 キリンジの弟のソロプロジェクト「馬の骨」(今…

朝井リョウ著「もう一度生まれる」という名のトドメの接吻

朝井リョウ著「もう一度生まれる」を読んだ。 舞台は高田馬場にある大学だったり、ダンスの専門学校だったり、美大だったりする。 登場人物は、 ・誰もが憧れる華やかな容姿の女の子 ・髪に青いメッシュが入った女の子 ・いわゆる「普通」の大学生の男の子 …

「マインドフルネス」と言う最高のトドメの接吻

マインドフルネスとは、東洋思想(禅とか)の”瞑想”からヒントを得たものであり、 自分のあるがままを認知して「過去」とか「未来」とか、そういった余計なものにマインド・思想・集中力を奪われることなく、「現在」に圧倒的に注意力を割くための、方法らし…

業務用スーパーで買った牛すじで牛すじ煮込みを作ったら案外美味しかった

掲題の通りである。 皆さん『業務用スーパー』をご存知だろうか。 ぼくは、大学生活を送っていた宇都宮で、ちょくちょく『業務用スーパー』に行って、冷凍お肉や冷凍野菜など食材をよく買っていた。 家の近所に「ベイシア」とか「たいらや」とか、普通のスー…

朝、肉を食べるということ

朝、肉を食べるということ それは自由 朝、肉を食べるということ それは夢 朝、肉を食べるということ それは愛 はてさて。 最近ぼくは、毎朝お肉を焼いて食べている。 豚肉だ。スーパーで売っているただの普通の豚ばら肉だ。 お肉が普通なら、調理方法もいた…

ご飯の「うまみ」は人それぞれ

昨晩のこと。 何気なくテレビを見ていたら、セブンルールという番組に「平野紗季子さん」という方が出演していた。 何となく見たことがある気がして、なんの人だっけ?という興味を覚えて、そのまま番組を見続けた。 どうやら「平野さん」は”自称ごはん狂”で…

ぼくのメジャースプーン 辻村深月著

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%B3 メジャースプーン コーヒーの豆・粉を計るスプーン。7g用や10g用など、メーカーによって規格もまちまちなので、1杯あたりどのくらいの分量が入る…

「超AI時代の生存戦略」落合陽一著

■グッときたワード ・「エモさ」が現代を生き抜くキーワード ・「ブルーオーシャン」を生きるのが当たり前 ・「非合理性」に着目せよ ・創造するコト=忘れるコト(文中にあった荒俣さん言葉だけど) ・身体性(運動とか)はめちゃくちゃ大事 ・意図的に自分…

流山ブルーバード

1月20日(土)19:00 舞台「流山ブルーバード」を見た。 ・出演者(印象に残っている順) 皆川猿時 大賀 賀来賢人 柄本時生 … 「流山」とは、千葉県にある街。有名な公園か何かがあった。気がする。 想像するに、本当に、これといって特徴のない、全国どこに…

乱読のセレンディピティ 外山滋比古著

「乱読のセレンディピティ」外山滋比古著 乱読とは 「読書体験に置いて、意味の取り違えを意に介さず、兎にも角にも文章を飲み込んでいくことである」 ※本文中に書いてあったわけではありません。極めて個人的な解釈です。 【面白かったところ】 乱読の効用…

「自分の機嫌をとってやる」ということ

「自分の機嫌をとってやること」 めちゃくちゃ大事です。 なかなか自分の気持ちをコントロールすることって難しいんですよね。 だから、それを理解した上で、 あえて意識的に ”自分の機嫌がよくなること” をして上げるのが大切なんです 僕の場合、 ・何もせ…