真夏の通り雨

プログラミングやその他趣味のことを書きます。

モチベーション革命

 

 

ここ最近なんとなく手に取った本の出版社が「幻冬舎」であることが多い。

偶然の出来事が一定の規則性を持っているなんて面白いですね。

 

さてさて、

重要ワード

--------------------------------------------------------------------------------

ミッションオリエンテッド

理念

「乾けない世代」

世代間の違い

「価値」=「違い」*「理解」

現代の幸福の5種類 

  1. 達成
  2. 快楽
  3. 有効な人間関係
  4. 意味合い
  5. 没頭

やりがい = 自分が没頭できる好きなこと、自分が得意とすること、世間にとって価値のあること(ありがとうと言われること)のクロスポイント

潜在的な欲求、ニーズをプロデュースしていくことが、求められる

ライフワークバランス

多様性

olatility 変動が大きい

Uncertainty 不確実

Complexity 複雑

Ambiguity 曖昧

自立 = 依存先を増やすこと

意味のイノベーション

自分にマイナスな刷り込みはしない

--------------------------------------------------------------------------------

 

昭和の時代はいわゆるいけいけどんどんで、身の回りに足りない生活用品(テレビとか冷蔵庫とか車とか)を頑張って揃えて生活を豊かにしていこうという、

『足りないものを満たしていこう』というマインドの元に社会が動いていた。

しかし、現在の平和の時代はこの昭和マインドとは全く違う価値観で動いている。

身の回りは基本的に満ち足りていて何不自由なく生活を送ることができている。

つまり『足りないものがない』世代だ。

これを本書では「乾いた世代」と呼んでいる。

物質的な豊かさがあるだけに、それを満たそうという社畜マインドが育っていないということだ。

この点で「昭和世代」と「平和世代」の価値観には決定的な違いがある。

(平和世代のことを「さとり世代」とか「ミレニアル世代」と呼んだりもしますね)

 

本中では、現代における5つの幸福パターンを示している。

  1. 達成
  2. 快楽
  3. 有効な人間関係
  4. 意味合い
  5. 没頭

こと5つだ。

 

昭和の世代では、

1〜2番目の「達成」「快楽」といったところに大衆の幸福が定義されていた。

自分が働いている会社を大きくするために頑張れば、その分社会に貢献できて自分の給料などにも反映される。

盲目的にでもとにかく会社にしがみついて必死に頑張ればその努力が報われる構造になっていた。

 

平和の世代では、

もはや物質的に豊かになって満ち足りている分、そもそも自分の生活を豊かにしていきたいというマインドも生まれにくい。ファーストフードや安価で服を購入できたりするサービスも溢れていて、生活コストが昔と比べて下がっているというのもある。

僕らは会社のためには頑張らないのだ。

こんな「乾けない世代」が求めている幸福の価値観は

3〜5番目の「有効な人間関係」「意味合い」「没頭」だ。

 

このような色々な価値観の人が混在する時代で、互いの違いを理解していくことが大切だ。いわば、

「価値」=「違い」*「理解」

だ。

価値は、互いの違いを受け入れることで初めて生まれる。

 

逆に言えば、

価値は他人とは違うところに生まれるわけだから、人と違う価値観を持つことを恐れてはもったいないよ。

 

 

自分とは違うなぁという人がいれば、その人は自分に価値をもたらしてくれる貴重な人だと思った方が幸せ。

 

僕らは物質的にではなく『こころを満たしたがっている』

 

お金かなくなるとIQが低下する???


お金がなくなるとIQが下がる!衝撃の事実

 

お金がなくなるとIQが低下します。

お金がなくなると、「生活に対する不安」「将来に対する不安」「周囲比較して自分はダメな自分だと認識してしまう自己肯定感の低下」など。

お金をもっと稼がなきゃいけないと気持ちが焦ってしまうせいで、判断能力が低下してしまい、正常な判断ができなくなってしまう。という理屈です。

 

ギャンブルにハマっている人の脳の状態が良い例で、

例えばパチンコにハマって、その日1日で10万円負けてしまったとします。

そこで、「このままだとやばい!明日からの生活費がない!どうしよう。。そうだ!!これからもっとお金を突っ込んで10万以上取り返せばいいんだ!!」

と通常の思考ではありえない、できもしない判断を下してしまうわけですね。

動画中では、この例えを持ち出して「お金がなくなるとIQが下がる」と言っています。

 

で、今現在お金がなくて正常な判断ができなくなっている人はどうするべきなのか。

単純に収入を増やせばいいという話ではありません。そういう考えだと、収入が増えても支出が増えるだけなので、結局根本は変わりません。

 

で、どうすればよいか。

『支出を見直して、正常な判断ができる状態を作る』

ことです。

 

人は有り余るほどお金をたくさん持っているからと言って、それに比例して単純に精神的に安定するわけではありません。

 

むしろ、現状年収が200万円だったとしても十分に精神的に安定していて、普通に生活している人はいくらでもいます。

今の生活から無駄を省いて、「何かが足りない...」という欠乏感を排除するための動きをすると良いと思います。

ミニマリストなどはその良い例です。

 

まずは、正常判断ができる状態を作るということが、何か次のステップを踏み出す前にする重要なことです。

焦らず一歩づつ進んでいけたらいいですね。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 

人生を有利に進めたいひと、これからの時代を楽しく生きていきたいひと、には是非読んで欲しい一冊。

 

認知心理学的な話を僕らの行動レベルの話に落とし込んで分かりやすく解説をしてくれる素晴らしい本。

 

重要ワード

--------------------------------------------------------------------

ハロー効果

認知バイアス

感情ヒューリスティック

実力*運*勘違いさせる力(錯覚資産)

人生は必ずしも実力のあるもののみが成功するわけではない

錯覚資産は複利で増えていく。

ハロー効果*思い出してくれる人の数*思い出してくれる人の質

脳は、「一貫性」「原因」「結論」を過剰に追い求める性質を持つ

成功は失敗の何倍も母

脳は実際に正しいことではなく、直感的に正しそうなことを信じる傾向にある

あらゆる欲よりも強い欲「コントロール欲」

即答が難しいような質問に値する答えは、ヒューリスティック質問に置き換えて回答してしまう。(回答が容易である好き嫌いなどの直感的に判断できる質問)

--------------------------------------------------------------------

 

脳というものは、都合よくできているものだ。

自分自身が快適にいきていけるように、出来事を改ざんする。

認知バイアスというものがある。これは、脳がある出来事を認識する際に、本来その物の本質とはおよそ関係のない事柄を判断の材料としてしまうような、いわゆる偏見・固定概念のことだ。もっともらしい理由をとってつけて、自分の意見をもっともらしいように正当化してしまう特殊な能力を持っている。

 

脳は、「原因」「一貫性」「結論」が大好物だ。

自分が導きだした「結論」に対して、本当は認知バイアスを通した歪んだ意見であるのに、そう判断したに足る原因を後付けし、あたかも自分自身の思考には一貫性がある立派な物なのだ、ということを主張したがってしまう。

 

感情ヒューリスティックというのは、

即答が困難な問題や質問を、返答が容易な別の質問にすり替えて判断してしまうことだ。しかも、脳はこの問題のすり替えを無意識的におこなっている。誰でもだ。

だから責められるものではない。

例えば、自分が会社で上司の立場にあるとして、部下を査定する際に、

適切に業務内容を評価することが難しいので、単純に自分の好きらいで査定をしてしまう。ようなことのことを指す。これは理不尽であることには違いがないが、脳の無意識化の働きによるものなので、しょうがない。

 

大切なことは、なにか。

脳は、必ずしも誠実で誠意のある判断を下せるものではないことを自覚し、

必要に応じて、その性質を利用することだ。

 

錯覚資産という言葉が、本中で度々登場する。

人々が認知バイアス・ハロー効果により、対象を本来の実力よりも過大に評価することだ。何か分かりやすい評価対象があると、それから受けるバイアス・ハロー効果により、その対象の評価に下駄を履かせてしまう。

逆を言うと、悪い評価がベースにあると、その人に対する認知が歪んで何をやってもダメなやつ、的な感じで評価のベースが下がってしまうということだ。

 

だから、上記のような性質を生かすのであれば、

実際の実力を認めてもらう以上に、自分の成果をアピールして、周囲の人に

「あいつは素晴らしいやつだ」という認知バイアスをかけてあげれば良いのだ。

 

成果が決まる方程式は

「実力」*「運」*「環境」*「錯覚資産」

だ。

 

また、成果を伸ばしていくには、以下の方程式を知っておくいい。

 

「思い出してくれる人の数」*「ハロー効果」

 

上記を総合すると、

ちゃかりアピールできて実力以上の評価をしてもらえる周到な人は、

結果的に成長機会にも恵まれるので、どんどん実力をつけていくことができる。

だから、実際の実力差もどんどんひらけば、成果も開いていく。

 

周囲へのアピールをどんどんしていけば、良いことがたくさんあるこということです。

人見知りだとか、引っ込み思案だと、損をしてしまうということが、認知心理学的に明らかなのです。

 

頑張りましょう。

バイアスに自覚的に。時には周到に。

ホメオスタシスって知ってる?

 


きのこ帝国 - クロノスタシス(MV)

これはクロノスタシスですね。夜の散歩のお供に最強。

 

今日はこの本を読んだ。備忘録。最高。面白い。

苫米地英人コレクション3 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

苫米地英人コレクション3 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

 

どっちもおすすめなの。見て。読んで。そして悶えて。

 

・キーワード

------------------------------------------------------

ホメオスタシス(恒常性)

コンフォートゾーン

認知機能

認知的不協和

スコトーマ

利他

人間は生物で唯一自己犠牲に快感を覚える

エフィカシー

自己認識に基づいて人間は思考する

抽象度

------------------------------------------------------------------------

 

★まとめ

生物の持つホメオスタシスという安定状態を保とうとする性質のせいで、ひとは上手く変わっていくことができなかったりする。

コンフォゾーン、快適な場所から抜け出せない。

脳の認知的不協和を利用すると、この状態から抜け出すことができる。

脳は臨場感がより強い状況を現実だと認識するある意味すごい性質を持っている。

だから、叶えたい状態(痩せているボディとか)を最高の臨場感を持って想像する。

すると、その叶えた状態の方を脳は現実であると錯覚する。すごい。

するとすると。残念な現実と脳が認識している現実との差異を解消しようとする方向に動き出す....

 

要はボジティブ最高!!てことですね!

あと、自分自身の価値観は所詮刷り込みに過ぎないことに自覚的になるべし。

そして価値観を日々更新していくことに怯えず積極的であれ。てことですね。

 

非常に掘り下げ甲斐のあるご本でした。仏教と脳科学のつながりがきになる今日この頃。。。

 

 

 

国立美術館でやってる「縄文ー1万年の美の鼓動」に行ってきたよ

美術館て涼しいから夏の過ごし方としてめっちゃ推せるー!!!!

 

これに行ってきました。

jomon-kodo.jp

 

最近、いろんな本の影響で日本の歴史や宗教に興味を持ち始めたので、ちょうど良いと思い行ってみましたが、これは大当たりでした。

本当はエッシャー展に行こうと思っていたんですが、長蛇の列で入場まで1時間待ちだったのでやめましたw

 

縄文土器とか土偶とかマジで奥が深いぜ??

 

みなさん土器とか土偶とかを見たのって、教科書の中だけだと思うんですが、

生で見るとその装飾の凝り具合に感動します。

 

土器も土偶も種類がめちゃくちゃたくさんあるんですよ!

 

板状の土に、親子の足跡が押し付けられているものがあったんですが、こういうの見ると「なんで足跡を残そうと思ったんだろうな」て考えたり、これに足跡をつけている時のこの親子の様子を想像したりすると、なんだかすごく愛おしく感じて思わず泣けてきました。

 

やっぱり美術鑑賞の醍醐味は、作品に込められた作者の思いに考えをめぐらせることですね。その時代背景とかを踏まえた上でね。

 

あと面白かったのが、日本で縄文土器が作られたのと同時期に、世界で作られた土器も展示してあったんですよ。これがとても面白かっ!!

本当に各国個性があって全然違うんですよねー。

 メソポタミアとかだと、土器に牛とかの動物が装飾されていたりします。

可愛いです。エジプトの壁画みたいな感じですね。

 すでに労働集約的な国の場合、土器には実用性が求められるので、縄文土器みたいに装飾がなくて、つるっつるなんです。(ちなみに、日本だと弥生時代に入ると労働集約的になり、土器は装飾のない実用性が重んじられたものになって行くそうです。)

 

縄文時代って1万年以上前なわけで、縄文土器とか土偶とかって、その時代を生きていた人達の営みそのものな訳じゃないですか?

何千年も前に生きていた人達の営みを感じる感覚って、なんだかすごくジーンとしてしまいます笑

 

かの有名な土偶のビーナスは、7月31日からの展示だったので残念ながら見ることができませんでした...これは本当に残念。

 

是非おすすめなので、よかったら行ってみてください。

こういう変わり種系のやつ行くと、ネタにもなるので良いですよ。

可愛い土偶Tシャツとか売ってましたー

 

僕は閉館の1時間半前に入館したのですが、全然時間が足りずタイムオーバーでした笑

なのでまた行きたいです。

考えない練習 #読書ログ

※超個人読書ログです。暇な方や僕のファンの方以外読んでも無意味だよ
 
 
仏道のゴール→「心をコントロールすること」
 
仏教て実は最強なんですよね。
心を平和に保つためにも最強ですし、鋼の心を保つにも最強です。
マジで現代人が身につけるべきなのは、仏教です。
あと恋愛工学。
 
仏教が目指すところって、要は
「究極に今この瞬間にのみ集中すること」
何ですよね。
 
最近嫌われる勇気が(そんな最近でもないか)流行ったり、
ホリエモンとかいろんな著名な方が口うるさく「今を生きろ」って言ってますけど、
これって仏教のゴール何ですよね。
 
タダでさえ、
現代社会は不要な情報がたくさんあるし、それの消費でみんな忙しいし、
だけど、
「おいちょっと待てよ」と、、
お前がやりたいの本当にそんなことなのかよ。と。
情報が溢れすぎて、それに触れ過ぎて、自分でも自分のことよくわからなくなってないですか??と。
そういうことを言っているわけですよ。この本は。
 
でね。
実際に、どうすれば不要な思考をせずに今この瞬間に集中できるか、
っていう問題何ですけど、
あーだこーだ言ってもどうせわからなくなるから、
シンプルに一つだけ主張しておくと
「思考をコントロールできるもの」
ってことを知るだけでも全然違ってくるってことよ。
 
みなさん、
実は自分が考えたいように考え、行動したいように行動できていると思いがちですよね。
でもね。実は周囲の雑念・雑音の刷り込みってすごいですからね。
しっかりして!!!ちゃんと目を冷ましてね!!!
 
 
-------------以下、読書時の雑記--------------
 
「今この時に思考を割く対象として適切なものは何か」
を目指すことが、仏道の始まりでありゴールである
 
仏道の始まり、終着点
「自分が割くべき思考の対象を適切に選べること」
 
 
10善戒
  1. 不殺生 生き物を殺さない
  2. 不偸盗 与えられるものを取らない
  3. 不邪婬 浮気しない
  4. 不妄語 事実に反したことを言わない
  5. 不悪口 ケチをつけたり批判したりしない
  6. 不両舌 ネガティブな噂話をしない
  7. 不綺語 他人に無駄話をしない
  8. 不貪欲 心に欲望を作らない
  9. 不瞋に 心に怒りを作らない
  10. 不邪見 無常、苦、無我の法則を知る
 
 
「慢」
不要な考えに囚われてしまっている状態のこと
 
 
人の脳は、何かしたのインプットに対して、反射的にアウトプットをしてしまうもの。
 
会話ひとつ取っても、
相手が言った言葉から、自分から反射的に言葉が出てきてしまうこともあるが、
これは「反射」である
 
決して、自分の本心でなくても
 
感情的な人、というのは、
多分、相手が言ったことをまっさらな状態で受け止める、ということが苦手な人だ
 
相手が自分を攻撃しているなど、曲解してしまう
 
対処法案1
反射的に浮かんでしまった自分の感情を取り出して観察する習慣をつける
本中の表現では、
44ページ目「ムカつくという感情を頭の中で鍵かっこで括ってしまう」ということ
これにより、反射的に言葉にせず、自分の感情や意見を吟味する間を儲けることができる
 
ゆとりができる、ということ
--------------------------------------------------------------------------------
 

星野源はとても優しい人

おはよう。

 

突然だが、僕は星野源という人がとても好きだ。

 

なぜか。

「優しいひと」

だからだ。

 

最近、この本を読んだ。

 

星野源 音楽の話をしよう (AERAムック)

星野源 音楽の話をしよう (AERAムック)

 

 

最近思うんだけど、

過去にとんでもない苦労をした人は、人に優しくできる。多分。

 

星野源さんは、そんな人だと思う。

 

この本は、

星野さんと対談相手の方が、バーカウンターに横並びに腰掛けて雑談する。というもの。対談相手の方が、思い入れのあるCDを一枚持ってきてそれについてお話する。

もちろんそれ以外にも話は多岐に及ぶ。

 

人の話にすごく丁寧に耳を傾けている様子が見て取れる。

きっと対談相手の方も星野さんとお話ししていて、気持ちいいに違いない。

 

人は、自分が受け入れられていると感じるととても幸せな気分になれる。

星野さんは、相手のお話に対する、あいづちとか受け止め方がとても上手。的確で柔らかくてちょうど良い。押し付けがましいところがない。

お返しのちょっとしたエピソードも長さがちょうど良い。

 

この本のコンセプト自体が、対談集(雑談集)だし、ましてやお仕事ではあるから、そりゃ聞き手にしっかり回ることも意識しなければいけないのだろうけど。

 

にしても。

 

愛が溢れているねん。ほんまに

 

きっと。

星野さんは、人のことを心から好きだけど、そうじゃないときもある。

打算的なところがないし、そうじゃないときもある。

 

人間の弱いところを、たくさん知っていて肯定的に受け止めている人だ。

だから、他人の弱さにも優しい。

星野さんの歌からもそんなところが滲み出ている。

 

星野さんとお話する人も、きっと楽しくてついついぽろっといろんなことを話してしまうと思う。みんな星野さんが好きだと思う。

 

僕も星野さんとお話してみたい。

えろいお話ししてみたい。